世界観光デー

世界観光デー(World Tourism Day)は、世界観光機関(UNWTO)によって昭和56年(1981)に定められた国際デーです。

この日になったのは、昭和45年(1970)の9月27日に世界観光機関憲章が採択されたことから。

 世界観光の日には、各国で観光推進のための活動が行われています。日本では、近年、官民が一丸となって”観光立国”の実現に向けて取組を進めており、平成18年には観光立国推進基本法が制定され、平成20年10月1日には国土交通省の外局として観光庁が設立されました。

  引用:https://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0927.html(総務省統計局)

なお、日本を訪れた外国人の人数は、平成19年から平成24年にかけては1000万人未満でした。その後、増え続け、平成29年には2869万人に達しています。

ただし、仕事などで日本に来た外国人も数に含まれるため、そのまま観光客の人数というわけではありません。

女性ドライバーの日

女性ドライバーの日は、日本で初めて女性が運転免許を取得したことにちなんだ記念日です。

明治40年(1907)にはじめて自家用車の運転免許制度ができました。

それまでは、タクシーやバスの運転免許はありましたが、自家用車にはありませんでした。どうなっていたかというと、自家用車に関しては届出制であり、試験は必要なかったのです。

その後、明治40年(1907)に、警視庁が「自動車取締規則」を施行し、自家用車の運転免許制度ができました。

そして、大正6年(1917)の9月27日に、栃木県在住の渡辺はまさんが警視庁の自動車試験に合格。日本の女性として初めて、自動車の運転免許を取得しました。

自動車試験を受ける前、渡辺はまさんは自動車販売会社で運転手見習いをしていて、当時の年齢は23歳だったそうです。

ジョセフ・ジョースターとブローノ・ブチャラティの誕生日

ジョセフ・ジョースターは『ジョジョの奇妙な冒険』の第二部『戦闘潮流』の主人公です。第二部のジョジョですね。

誕生日は、大正9年(1920)の9月27日です。

その60年後の昭和55年(1980)の9月27日がブローノ・ブチャラティの誕生日です。

ブチャラティは、『ジョジョの奇妙な冒険』の第五部『黄金の風』の登場人物で、決め台詞は「アリーヴェデルチ(さよならだ)」。

  


スポンサーリンク