かき氷の日

0725-001

かき氷の日とは、一般社団法人日本かき氷協会が制定した記念日です。

7月25日が「かき氷の日」となったのは、ふたつの理由があります。

・かき氷は昔は「夏氷(なつごおり)」と呼ばれていて、「な(7)つ(2)ご(5)」の語呂合わせから。

・この日が最高気温記念日であることから、かき氷にふさわしいから。

なお、日本かき氷協会のwebサイトには、「かき氷検定」というコンテンツがありました。

かき氷検定に合格された方には全員に一般社団法人かき氷協会公式認定の壁紙を、それぞれの級に応じてプレゼント。
すべての壁紙をコンプリートで、あなたも立派なカキゴオリストに!

  引用:http://kakigoori.or.jp/kentei

最高気温記念日

昭和8年(1933)の7月25日に、山形県山形市で日本最高気温となった最高気温40.8度を記録したことから。

なお、この記録は74年間破られませんでしたが、平成19年(2007)の8月16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度を観測して記録が更新されました。

うま味調味料の日

うま味調味料の日は、日本うま味調味料協会により制定された記念日です。

明治41年(1908)の7月25日に、化学者の池田菊苗が「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得したことからこの日になりました。

なお、この特許は翌年に鈴木製薬所により「味の素」として商品化されました。


スポンサーリンク