河童忌

0724-001

河童忌(かっぱき)とは、芥川龍之介の命日のことです。

なぜ「河童忌」というのでしょうか?

ひとつは、芥川龍之介が生前好んで河童の絵を描いていたこと。

もうひとつは、芥川龍之介が昭和2年(1927)に発表した小説「河童」にちなんでのことだそうです。

ちなみに、「河童忌」は、夏の季語です。

劇画の日

劇画とは、漫画の種類のひとつです。

昭和時代、「漫画は子供向けの読み物」という風潮がありました。

かわいらしい絵柄の多かった漫画に対して、より写実的な絵で、内容も大人向けに描かれたものを「劇画」というようになりました。

当時は、漫画と劇画は別ジャンルの読み物という感じでもとらえられていたようです。

しかし、現在では、漫画という大きなくくりの中で劇画というものがあるというのが一般的ですね。

7月24日が「劇画の日」となったのは、昭和39年(1964)7月24日に劇画雑誌の『ガロ』が創刊されたことにちなんでいます。

ちなみに、雑誌名は『月刊漫画ガロ』で、やっぱり「漫画雑誌」といってもいいような気がしますね。

スポーツアロマの日

スポーツアロマの日とは、日本スポーツアロマトレーナー協会により平成29年(2017)に制定された記念日です。

7月24日『スポーツアロマの日』登録正式決定(祝)

2017/04/01

スポーツアロマの日は7月24日!

リオから東京へ

2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されます!
日本スポーツアロマトレーナー協会は設立から18年

スポーツアロマのパイオニアとして、スポーツを愛する人々の
お役に立てるよう進んでまいりました。

日本全国で、弊会オリジナルメソッドであるスポーツアロママッサージは
様々な競技に取り入れら、スポーツパフォーマンスに役立つ療法として
信頼を得ております。
これまでオリンピック、世界大会と数々のスポーツ現場での経験を活かし
より一層、スポーツを応援していきます。

東京そして日本が元気になるスポーツ!
東京オリンピック・パラリンピックの開会式、7月24日を記念して
『スポーツアロマの日』と制定します。

  引用:https://jsta-aroma.com/news/2293

ということで、東京オリンピック・パラリンピックの開会式を記念して7月24日になったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。