電信電話記念日

1023-001

電信電話記念日は、昭和25年(1950)の5月に電気通信省によって制定された記念日です。

この日としたのは、明治2年(1869)の10月23日に、東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことに由来します。

電信電話記念日の歴史

もともとは、郵便事業の創業にちなんで、逓信省においては4月20日が逓信記念日として制定されていました。

この記念日は電信電話を含む逓信事業全体のものでした。

昭和24年(1949)の6月に逓信省が郵政省と電気通信省に分離したときに逓信記念日は郵政記念日として郵政省に受け継がれました。

それで、電気通信省独自の記念日が望まれるようになり、電信電話記念日が制定されたという経緯があります。

また、当初は電気通信省の省名にあわせて電気通信記念日という名称でした。

昭和27年8月に電気通信省が日本電信電話公社に移行。

「電信電話」という言葉が一般的になったことから、昭和31年からは現在の「電信電話記念日」となりました。

その後、日本電信電話公社はNTTと変わりましたが、「電信電話記念日」は受け継がれています。

NTT広報室

【電信電話記念日】ご存知でしたか?今日、10月23日は通称『電電記念日』です。約150年前の1869年の今日、東京・横浜間で電信線架設工事が着手されたんだそう。6年後には札幌から長崎まで全国横断網が完成したらしいですよ。すごい!

  引用:https://twitter.com/nttpr/status/657331009348837376(NTT広報室)

津軽弁の日

津軽弁の日は、「津軽弁の日やるべし会」によって昭和63年(1988)に開始のイベントです。

この日としたのは、津軽弁による方言詩を確立した詩人「高木恭造」の命日、昭和62年(1987)10月23日から。

毎年10月23日に「津軽弁の日やるべし会」の主催により津軽弁をテーマとした催し物が行われています。

化学の日

化学の日は、日本化学会など4団体によって制定された記念日です。

また、10月23日を含む月曜から日曜までの一週間は「化学週間」と制定されています。

この日になったのは、物質量の単位「モル」の「1モル」が6.02×10の23乗にちなんでのことで、10の23乗から10月23日になりました。

10月23日は「化学の日」
日本化学会,化学工学会,日本化学工業協会(日化協),新化学技術推進協会(JACI)の4団体が,毎年10月23日を「化学の日」,その日を含む月曜日から日曜日までの1週間を「化学週間」として制定しました。アボガドロ定数 6.02×1023 mol−1 にちなんだものです。各種イベントに使う缶バッジのデザインもできました。この産学官一体となった化学の普及活動が国民的イベントとなるよう,会員の皆さんこぞっての参加を呼びかけたいと思います。化学の市民権向上に向けて。

  引用:http://www.chemistry.or.jp/kagakunohi/2014/09/1023.html(日本化学会)

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。